2016年04月28日

「吾妻之曲」 "Azuma no Kyoku"


「吾妻之曲」です。
"Azuma no Kyoku"

ラベル:尺八 本曲
posted by Victor at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

「一二三鉢返之調」 "Hifumi Hachigaeshi no Shirabe"

2015年11月23日

琴古流本曲「一二三鉢返之調」
Kinko-ryu Honkyoku "Hifumi Hachigaeshi no Shirabe"

第34回虚無僧追善供養尺八献奏大会(法身寺にて)
The 34th Memorial Shakuhachi Dedication Service for the Deceased Komuso's at Hotshinji Temple


「一二三鉢返之調」の私なりの現時点での解釈を述べます。

「一二三」は文字通り最初の一、二、三歩です。つまり初めです。この部分の解釈にはあまり相違はないと思います。

「鉢返し」は意見が分かれるところです。喜捨をしてくれた返礼という解釈も聞いたことがあります。私も初めはそうだろうと思っていました。

しかし、約1200の神社仏閣でこの調を奉納しているうちに、「鉢返し」の意味が少しづつ見えてきました。「鉢」とは托鉢の鉢です。坊さんである虚無僧にとって、鉢とは水や食べ物やお金を受ける器です。生活の手段とも言えます。そして、「返す」とは「御仏」に返納するという意味であることがみえてきました。生きてゆく上での貴重な道具を返してしまうのです。もはや、水も食べ物もいらない境地、つまり、即身仏の境地です。

この意味で、「一二三鉢返之調」は誕生から死までを唄った調ともいえます。


A Personal Interpretation of "Hifumi Hachigaeshi no Shirabe" at this time.

"Hifumi" means "one, two, three" in Japanese. It is like ABC in English. The first steps. I believe there is little disagreements on this interpretation.

"Hachigaeshi" literally means "returning the bowl. "Some people say that it is a sign of apapreciation of receiving alms-giving. Komuso was considered as a Buddhist monk, and their way of making a living was by receiving alms. When I first heard this, I just accepted the idea without giving much thoughts on this.

However, while dedicating this tune to about 1200 temples and shrines and churches, its meaning revealed itself.

The Buddhist monk received water, food, and money in their "Bowl." So, the bowl was their means of making a living. It was quite important for the monk. If he gave up his bowl, he could no longer receive water, nor food, nor money!

And who did he return the bowl to? It became clear to me that to the Buddha Himself. That means the monk no longer needed to sustain his body.

"Shirabe" means "a tune" in Japanese.

So, the meaning of "Hifumi Hachigaeshi no Shirabe" is "the Tune from the Beginning to the End."



posted by Victor at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

「月」  "Moon"

廣門伶風作曲の本曲風な「月」です。本曲とは尺八本来の曲という意味で、江戸時代には虚無僧が吹いていました。

"Moon" by Reifuu Hirokado. It has honkyoku style. Honkyoku is the tunes for Shakuhachi, and played by Komuso's in Edo period.


「月」廣門伶風 作曲
"Moon" by Reifuu Hirokado




posted by Victor at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

「荒城の月」 "Moon over Ruined Castle"

日本では誰でも知っていると思われる童謡の「荒城の月」です。

"Kojo no Tsuki" meaning "Moon over Ruined Castle" is quite famous in Japan. Everyone knows it.


「荒城の月」滝廉太郎 作曲
"Moon over Ruined Castle" by Rentaro Taki

ラベル:尺八 shakuhachi 童謡
posted by Victor at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

「さくら」日本古謡 "Cherry Blossom" Old Japlanese Song 「さくら」日本古謡 "Cherry Blossom" Old Japlanese Song

2000年の1月1日から尺八に招待されて、尺八を始めました。なぜ尺八に招待されたのかはずっと問い続けています。ひょっとしたら、人に私の尺八を聴いていただくためなのかもしれません。これからは少しづつ披露させていただきます。

I had been invited by the Shakuhachi since January 1, 2000, and playing the Shakuhachi every since. I have also been seeking the reason for being invited. Perhaps I was meant to play and share my performance with the people. So, I will share my Shakuhachi little by little now.


「さくら」日本古謡
"Cherry Blossom" Old Japanese Song



ラベル:尺八
posted by Victor at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

吾妻の曲の鐘の伴奏

吾妻の曲の鐘の伴奏を録音しました。
全曲金をたたきましたが、主に最初の2行くらいを聞いて練習してください。

本番では少なくとも際その2行くらいは伴奏として鐘をたたくのはいかがでしょうか。
中盤からは皆さんのペースに合わせるようになり、もっと速くなると思います。
感想をメールで聞かせてください。



ラベル:尺八 本曲 琴古流
posted by Victor at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

2013年センター祭りの合わせ

2013年10月26日センター祭りの合わせ
==================================


10さくら (2回)


20北海民謡調


30笛吹童子


40童謡

41故郷 (2回)


42竹田の子守歌 (2回+2回目最後の2小節返し)


43赤とんぼ (2回)(ゆったりと)


44里の秋 (2回)


45中国地方の子守歌 (2回)


46荒城の月 (2回)


50八段之調


最後の部分


四段、八段


60アメージンググレース (1回)


最初の部分


70吾妻の曲


80蛍の光 (2回)
ラベル:尺八
posted by Victor at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

奉納演奏 第58回

私の主催している琴古流尺八同好会の後、まだ明るかったので近くの境木地蔵尊で奉納演奏しました。社務所には人はいないので、境内で奉納演奏しました。演奏中、ちょこちょこ参拝の人が訪れていました。

(1)奉納演奏 第58回
2008年1月13日(金)
横浜、境木地蔵尊
「一二三鉢返調」


琴古流尺八にご興味のある方は次のURLを訪問してください。
http://www.tc-r.com/Shakuhachi/

posted by Victor at 18:48| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奉納演奏 第57回

mixiのマイミクの友人と午後に山下公園の前で会いました。それから元町まで歩いてゆき、奉納演奏をしました。その後は時間まで元町スターバックスで話し込みました。

(1)奉納演奏 第57回
2008年1月11日(金)
横浜、元町厳島神社
「一二三鉢返調」
許可を得て奉納演奏をしました。



琴古流尺八にご興味のある方は次のURLを訪問してください。
http://www.tc-r.com/Shakuhachi/
posted by Victor at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

奉納演奏 第53回〜56回

武州稲毛七福神の始まりです。

(1)奉納演奏 第53回
2008年1月10日(木)
武州稲毛七福神
潮音寺、福禄寿
「一二三鉢返調」
「境内で奉納演奏をさせてください」と願い出たら、本堂を開けてくれました。ご本尊の前で奉納演奏をしました。

(2)奉納演奏 第54回
2008年1月10日(木)
武州稲毛七福神
南嶺山、香林寺、布袋尊
「一二三鉢返調」
ご本尊の前で奉納演奏させていただきました。

(3)奉納演奏 第55回
2008年1月10日(木)
武州稲毛七福神
南休山、観音寺、恵比寿
「一二三鉢返調」
住職は話し好きで、尺八好きでした。境内のどこでもどうぞと言われました。

(4)奉納演奏 なし
2008年1月10日(木)
武州稲毛七福神
真言宗、広福寺、大黒天
「一二三鉢返調」
「住職がいないので」と断られる。ズボンの塵を払って出てきました。

(5)奉納演奏 第56回
2008年1月10日(木)
武州稲毛七福神
安立寺、毘沙門天
「一二三鉢返調」
「住職が留守で分かりません」と言われたので、「お参りはいいのですか」と聞くと「はい」と言われました。そこで奉納演奏をしました。


琴古流尺八にご興味のある方は次のURLを訪問してください。
http://www.tc-r.com/Shakuhachi/

posted by Victor at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。